いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

昭和天皇の戦後日本――〈憲法・安保体制〉にいたる道

著者:豊下 楢彦 
出版社:岩波書店
単行本(ソフトカバー):320ページ
発売日:2015-07-29
分類: 政治入門  天皇制 
キーワード: 昭和  天皇  戦後  日本  憲法  安保  体制   
評価 3.9   読者数 2.4
昭和天皇の戦後日本――〈憲法・安保体制〉にいたる道
       

<マイリスト>

<目次>

第1部 昭和天皇の“第一の危機”―天皇制の廃止と戦犯訴追
  • 「憲法改正」問題
  • 「東京裁判」問題
  • 「全責任発言」の位置づけ
第2部 昭和天皇の“第二の危機”―共産主義の脅威
  • 転換点としての一九四七年
  • 昭和天皇の「二つのメッセージ」
  • 「安保国体」の成立
  • 立憲主義と昭和天皇
第3部 “憲法・安保体制”のゆくえ―戦後日本の岐路に立って
  • 昭和天皇と“憲法・安保体制”
  • 岐路に立つ戦後日本
  • 明仁天皇の立ち位置

<新聞書評>

<豊下 楢彦の本>