いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

男の絆の比較文化史――桜と少年 (岩波現代全書)

著者:佐伯 順子 
出版社:岩波書店
単行本(ソフトカバー):296ページ
発売日:2015-06-27
価格:2700円
分類: ノンフィクション  文学理論 
キーワード:     比較  文化史    少年 
男の絆の比較文化史――桜と少年 (岩波現代全書)
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 稚児物語と“男の絆”―桜と無常の美
第2章 トーマス・マンと“男性同盟”―『ヴェニスに死す』と稚児物語の共鳴
第3章 『禁色』の女性嫌悪と“男の絆”―マン/稚児物語/三島
第4章 江戸の男色の美学―武士道と歌舞伎の色恋
第5章 漱石の「士族」意識と“男の絆”―『坊っちゃん』のホモ・ソーシャル
第6章 “近代武士道”と戦時体制―幸田露伴『ひげ男』と軍国少年
第7章 「同性愛」の時代の男色実践―南方熊楠「浄の男道」論にみる近代の男色のゆくえ
第8章 悩める昭和期の男子生徒―『草の花』『仮面の告白』にみる男子校の恋
第9章 女性のための美少年幻想―少女漫画の少年愛と“男の絆”

<新聞書評>