いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

それを,真の名で呼ぶならば: 危機の時代と言葉の力

著者:レベッカ ソルニット 
出版社:岩波書店
単行本:236ページ
発売日:2020-01-30
分類: ノンフィクション  英米文学  外国のエッセー・随筆  外国文学研究 
キーワード: それ      危機  時代  言葉   
それを,真の名で呼ぶならば: 危機の時代と言葉の力
       

<マイリスト>

<目次>

1 大統領選挙の破壊的影響
  • ドナルド・トランプの孤独
  • ミソジニーの標石 ほか
2 アメリカに渦巻いている感情
  • 孤立のイデオロギー
  • 無邪気な冷笑家たち ほか
3 アメリカの境界
  • 気候変動は暴力だ
  • 国の土台に流された血 ほか
4 可能性
  • ブレイク・ザ・ストーリー
  • 悲しみのなかの希望 ほか

<新聞書評>

<レベッカ ソルニットの本>